習近平主席、モンゴル首相と会見
2022-02-06 21:52

 北京6日発新華社電によると、中国の習近平国家主席は同日午後、北京の人民大会堂で2022年北京冬季オリンピック大会の開会式に出席したモンゴルのオヨーンエルデネ首相と会見した。

 習氏はオヨーンエルデネ氏にフレルスフ大統領への心からのあいさつを託した。続いて次のように述べた。中国とモンゴルは山河が連なり、互いに重要な友好的隣国で、両国関係をしっかり守り、固め、発展させることは両国の根本的、長期的利益に合致している。中国は一貫して親善・誠実・互恵・包摂の理念でモンゴルとの関係を発展させており、モンゴルと共に両国の相互信頼、友好、協力を深め、全面戦略パートナー関係を新たな段階に進めることを願っている。

 習氏は次のように強調した。中国とモンゴルは独立、主権、領土保全を互いに尊重し、それぞれが選択した発展の道を互いに尊重し、互いの核心の利益に配慮し、常に両国関係の正しい発展方向をしっかりつかんでいなければならない。モンゴルとハイレベルの交流を続け、国政運営の経験交流を強化し、両国関係の内容を絶えず豊かにすることを願っている。双方が両国政府の共同声明を実行に移し、早期に、より多くの実質的成果を収めることを希望する。この2年間、両国の防疫協力は申し分ないもので、「羊と茶を贈り合う」美談も生まれ、両国人民の友好的情宜が深まった。中国はモンゴルと引き続き防疫協力を進め、モンゴルの新型コロナ対策、経済発展、民生改善を支援、援助する用意がある。双方は真の多国間主義を提唱し、国際公平正義を守り、地域の平和と安定を守らなければならない。

 オヨーンエルデネ氏はフレルスフ大統領から習主席への親しいあいさつを伝えた。続いて次のように述べた。中国は新型コロナによる困難を乗り越え、予定通り北京冬季五輪を開催し、世界に新型コロナに打ち勝つ自信をもたらした。オリンピックは人類の平和と団結の象徴で、モンゴルはスポーツに政治を持ち込むことに断固反対する。新型コロナでモンゴルが最も深刻な時期に中国がワクチンを援助したことに心から感謝する。中国はモンゴルにとって黄金をもってしても代え難い良き隣人だ。中国の発展・強大化により世界はより一層、アジアの価値ある文化を重視するようになった。モンゴルは中国発展の急行列車に相乗りし、中国との協力を深めることを願っている。モンゴルの「新復興政策」と「一帯一路」イニシアチブや中国の第14次5カ年計画(2021―25年)との連携を緊密にし、両国の全面戦略パートナー関係を新たなレベルに高め、両国関係を隣国同士の交流や国際関係の手本にすることを願っている。

 オヨーンエルデネ氏はモンゴル人民党党首として中国共産党創立100年にあらためて熱い祝意を表し、また第20回中国共産党大会の成功を祈った。さらに中国共産党と政党間交流と国政運営交流を強化したいと表明した。

 会見に丁薛祥、楊潔篪、王毅、何立峰各氏が同席した。